お歳暮 送る

お歳暮に本場の馬刺しという選択

どうせお歳暮を送るなら、本物を送りたい

 

お歳暮,送る

年末の風物詩といえば、お歳暮ですよね。

 

毎年何が届くのか楽しみな半面、自分が送る分は悩んでしまうのが本音です(笑)

 

特になかなか会う機会のない遠方の方々とは疎遠になりがちですので、尚更心のこもったお歳暮を送りたいものです。

 

 

そこでおすすめしたいのが、本場・熊本の馬刺しです。

 

めったに食べる機会のない馬刺しを送れば、喜びと共に驚きもひとしおですよ!

 

 

お歳暮で送る、圧倒的な美味しさ

 

お歳暮,送る

熊本の馬刺しと言っても色々な販売店があります。

 

それこそ値段も味も、ピンからキリまで様々なものが売っています。

 

 

今は便利な世の中になりましたね!

 

どんなに遠くに住んでいても、インターネットで簡単に注文ができる世の中です。

 

どうやら『美食市』という販売店が素晴らしい馬刺しを販売しているということでしたので、昨年、自分用とお歳暮用に購入しました。

 

 

本物の馬刺しは鮮度が違う

 

お歳暮,送る

自分用も購入した訳は、単純に興味があったからです(笑)

 

人に贈る前に自分でも食してみようということで、購入しました。

 

馬刺し自体は過去に何度か食べた事があったのですが、美食市の馬刺しは衝撃的でした。

 

こんなに美味しい生肉が存在するのかと、かなり興奮したのを覚えています(笑)

 

 

今まで食べていた馬刺しは、どうやら偽物だったようです。

 

一番の衝撃は、その鮮度でした。

 

まるで目の前でさばいて貰ったかのような新鮮さで、口の中に独特の甘さが広がるのです。

 

 

馬肉の最高峰。極上馬刺しなら美食市

 

 

 

インパクトのある、イメージと味

 

馬刺しはやはりインパクトのある食材ですし、味も申し分ありません。

 

美食市の馬刺し、お歳暮で遠方の方に送るのにピッタリだと思いますよ。

 

もちろん自分用に購入するのも、アリです(笑)

 

 

意外!?馬刺しは身体に良い

 

薬膳食として昔から大活躍

 

お肉と言えばカロリーが高いと思われがちですが、馬肉は他のお肉よりも低カロリー、低脂肪で、とってもヘルシーなんだそうです。

 

それだけでなく高タンパクで、ビタミンや鉄分も多く栄養満点のお肉とのこと。

 

そんな事もあって、大昔から薬膳食や薬用食として食べられてきたそうです。

 

 

馬肉の意外な効果??

 

馬肉はその色から桜肉とも呼ばれ、地域によっては郷土食として古くから食されてきたそうです。

 

しかしこの馬肉、どうやら身体を冷す作用があるそうです。

 

冷え症の人は食べ過ぎに注意したいものですね(笑)

 

 

それでもやっぱり体に良い馬刺し

 

とはいえ、馬刺しは体に良い効果の方が圧倒的に多いのも事実です。

 

筋肉を引き締め、汗や尿の出過ぎを止める効果や、滋養強壮や痛み止め、毒消し作用まであるんだとか。

 

 

馬肉の歴史

 

古くから食されていた馬肉

 

馬肉料理のルーツは戦国武将のひとりである「加藤清正」がルーツといわれています。

 

健康食材としても有名な馬肉は、当時も「高熱」の治療薬として使用されていたといわれています。

 

現代でも地方では馬肉を使用した方法が残っています。

 

 

また馬肉は昭和57年の新聞で「食肉のなかでは寄生虫もいなく生で食べられる」と紹介されています。

 

馬肉料理で刺身が人気なのは、この時代から変わっていないことが分かりますね。

 

 

馬肉=桜肉の由来

 

馬肉は桜肉とも呼ばれますが、名前の由来には様々な語源があるそうです。

 

有力な説はその色から。

 

新鮮な馬肉の切り身は鮮やかな桜色になります。

 

薄いピンク色の馬肉を並べると、まるで桜の木のように鮮やかに見えます。

 

このことから「馬肉=桜の木」をイメージさせるので、馬肉は桜肉と呼ばれはじめたといわれています。

 

 

桜色の馬刺しを美食市で

 

そんなキレイな桜色をした馬刺しは、めったに手に入りません。

 

しかし美食市の馬刺しは徹底した管理と育成で、非常に高い品質のお肉を届けてくれます。

 

大切な方へのお歳暮、ぜひ美食市の馬刺しを送ってみて下さい!

 

【十頭に一頭の希少価値】熊本極上馬刺しなら美食市